なぜ、キャッシングの金利は高いのか

キャッシングの申し込みをした時にビックリしたのが金利の高さですが、コマーシャルや宣伝なんかを見ても、金利は数%と書かれていることがほとんどなので、10数%の金利が付加されるということになった時は何かの間違いかとも思いました。相場はだいたい10数%で、コマーシャルや宣伝なんかに表示されている金利は借り入れた金額が数百万円になった場合の金利であり、高額な借り入れの場合の金利設定であることから100万円までの借り入れで検討している場合は注意する必要があります。同じ100万円を借りるのであっても、フリーローンと呼ばれるような最初に必要なお金を借りて毎月一定の金額を返していくタイプのローンの方が小さく金利が設定されている場合がほとんどです。同じフリーローンでもあるのにも関わらず、これだけの金利差が生じる理由としてはキャッシングで利用されるローンがいつでも好きな時に好きな金額を借りることができるローンであるのに対して、金利が低いタイプのフリーローンは最初にまとまったお金を借りてその後は再び借り入れることができないので、完済に向かっていくだけとなります。このことから、カードローンに比べると貸したお金が戻ってくる可能性が高いので、フリーローンの方が保障期間へのお金の支払いが少なくて済むということから、カードローンの金利と比べて低くても良いということになります。ちなみに、カードローンのキャッシングの金利の計算は一年間の金利を一日で割って算出されたものであるので、毎日毎日金利が加算されることになります。ということは、借り入れ期間が長くなれば長くなるほど支払う金利の金額は増えるということになり、完済までの期間が短ければ短いほど支払う金利の金額は少ないということになります。このことから、キャッシングは短期的な借り入れに向いていると言えますが、完済が短期であれば支払う金利も少なくて済みます。これは借りる際にはぜひ覚えておいてもらいたいことです。

はじめてのアコムというフレーズでお馴染みのアコムは、消費者金融を代表する大手の消費者金融ということもあって、その認知度は消費者金融でお金を借りたことがない人でもたくさん知っています。やっぱり名前がしっかり売れている信用できるところでキャッシングをしたいという人におすすめの消費者金融です。アコムと言えば消費者金融を代表する顔であり、これまでに何度となくテレビのコマーシャルや広告などでいろいろな宣伝を行ってきましたが、以前は印象の悪かった消費者金融に対しての負のイメージをプラスに変えたのはアコムといえます。消費者金融に良いイメージを持っている人はあまりいないと思いますが、そもそも消費者金融に悪いイメージが定着したのは、20世紀後半のバブル前後の時代で、ドラマや映画などの影響も少なからずあるとされています。とにかく、消費者金融というと真夜中でも自宅に押しかけて借金の返済を強要するというイメージが強く、その執拗さに精神は崩壊するくらいのものですが、実際にそのような悪質な取り立てを行っていたのは一部のヤミ金融だとされており、間違ったイメージが定着していました。このような取り立てが怖くて借りたくても躊躇っていた方も多いと思います。しかし、ご安心してください。アコムはこの歴史を乗り越えてきた消費者金融で、消費者金融の歴史の古さでは一位二位を争うくらいです。アコムは世間に定着した消費者金融への負のイメージを払拭しようと長い期間にわたって、様々な取り組みをしてきましたが、さわやかなコマーシャルや親しみやすいキャッチフレーズなどもマイナスイメージを払拭させるために行ったそうです。そのため、アコムのサポート体制は充実しており、本来銀行の方が信用・信頼してお金を借りることができると言われていますが、アコムのサポートを受けるとそんなことは忘れるくらいです。最近では、いろいろな消費者金融があるのでどの消費者金融にするのかは悩みの部分でもありますが、やはりはじめてならアコムをおすすめします。